令和1年10月6日(日)産業医研修会「働き方改革」時代のメンタルヘルス対策

(一社)日本精神科産業医協会関東支部主催 (一社)東京精神神経科診療所協会共催

■開催日時:令和1年10月6日(日)13時30分~16時40分   (開場 13時00分)
■会場:東京都医師会館(東京都千代田区神田駿河台2-5)
■対象者 産業医資格を有する医師
■定員 100名(E-mail による予約制 ※定員になり次第締切)
■単位(申請中) 日本医師会認定産業医制度 3 単位
※第 1 講受講(60分・更新1単位申請)、第 2講受講(120分・専門2単位申請) の予定
講演中退出されますと単位付与ができません。

■研修目的
働き方改革が推進される中、その関連法と健康対策を学び、メンタルヘルス不調ならびに発達障害事例に対する復職支援にかかる事業所内外の連携手法について、事例を通して修得する。
■プログラム
開会挨拶 東京精神神経科診療所協会会長・日本精神科産業医協会理事  神山 昭男
講.13:30~14:30
「働き方改革と関連法規・健康対策」
講師:中山 篤
(元三田労働基準監督署署長、労働者健康安全機構 産業保健アドバイザー、東京産業保健総合支援センター 相談員)
座長:神山 昭男
(医療法人社団桜メデイスン 有楽町桜クリニック 院長)
講.14:40~16:40 事例検討・グループワーク
「産業医と社内関係者との連携の実際―不安定就労事例の休復職支援プランの検討―」
講師:高野 知樹
(医療法人社団弘冨会神田東クリニック 院長、東京精神神経科診療所協会理事、日本精神科産業医協会理事)
座長:小山 文彦
(東邦大学医療センター 産業精神保健 職場復帰支援センター長・教授、日本精神科産業医協会理事・関東支部長)

受講料
日本精神科産業医協会 又は 東京精神神経科診療所協会 会員 3,000円、  非会員 5,000円
*支払方法:当日受付でお支払いください
申込方法
①お名前 ②精神科産業医協会会員/東精診会員/非会員 ③勤務先 ④連絡先電話番号 ⑤認定産業医番号 以上の5項目を明記の上、件名・本文に「働き方改革時代のメンタルヘルス対策」研修会受講希望」記載したEmailをinfo@jaohp.or.jpにお送りください。
申込期限令和1年9月23日(月) ※定員100名になり次第受付を締切らせていただきます。

2019年6月2日開催 日本精神科産業医協会第9回会員研修会(会員限定)

主催:一般社団法人日本精神科産業医協会

2019年度総会・日本精神科産業医協会第9回会員研修会 

期日:2019年6月2日(日) 開場12:30 開始12:50 会場:東京 四谷ルークホール

プログラム(敬称略)

総合司会             神山 昭男 (有楽町桜クリニック)

12:50                     開会挨拶   共同代表理事 渡辺 洋一郎 (横山・渡辺クリニック)

13:00-13:30         総会議事

13:30-14:30         基調講演   (60分=45分講演+15分質疑応答)

「傷病事案の裁判例を踏まえつつ労働契約法の基礎を理解する」
最近の裁判例では、特に労働条件の変更の場面において労働者の自由な意思に基づ
く同意が問題になっていますので、この点に焦点を当てつつ、労働契約の基礎知識
を傷病事案の裁判例を交えながら解説していただきます。

講師       佐久間 大輔 (弁護士・つまこい法律事務所)

座長       神山 昭男      (有楽町桜クリニック)

14:30-14:40       休憩

14:40-16:40        パネルデイスカッション   

           (各30分=事案提示5分→パネリストの発言15分→質疑応答10分)

司会 渡辺 洋一郎(横山・渡辺クリニック)・黒木 宣夫(勝田台メディカルクリニック)

パネリスト: 佐久間 大輔(弁護士)・小山 文彦(東邦大学)・田中 克俊(北里大学)

事案提示: 高野 知樹 (神田東クリニック)

① 不安定就労期の休業同意に応じない事例

② 頻回休業後に休業満了日間近の復職判断事例

③ 勤怠は安定しているが被害妄想から対人トラブルを繰り返す事例

④ 職場管理者が両立支援に非協力な職場事例

16:40                        事務局からの連絡事項

16:55                  閉会挨拶 共同代表理事 黒木 宜夫 (勝田台メディカルクリニック)

17:00~19:00        懇親会 (四ツ谷駅前の主婦会館)

◆申込方法:当協会事務局宛てoffice@jaohp.or.jpメールにて2019年5月23日(木)までにお申込みください。(担当:金野)

■参加費: 3,000 円 懇親会費: 3,000円 (いずれも当日受付にて支払い)

■申込方法: メイルで事務局まで office@jaohp.or.jp (締切:5月 23日(木))

2019年1月20日開催 日本精神科産業医協会第8回会員研修会(会員限定)

主催:一般社団法人日本精神科産業医協会

平成30年度・日本精神科産業医協会通算第8回会員研修会 

期日:平成31年1月20日(日) 開場12:30 開始12:50 会場:東京 四谷ルークホール

テーマ:産業医業務の重点課題をめぐって

今回は、特に産業医としての基本動作、スタンダードをしっかりと確認することをメインテーマとしました。前半は法務専門家と常勤産業医による講演、後半は内科系産業医と精神科系産業医の実践報告です。時間をかけてしっかりと、じっくりと深めていきます。

【プログラム】

総合司会     高野 知樹先生 (神田東クリニック 東京)

12:50        開会挨拶   共同代表理事 黒木 宣夫先生(勝田台クリニック 千葉)

13:00~14:50      第1部 講演   (各40分講演+30分質疑応答)
座長 神山 昭男先生(有楽町桜クリニック 東京)

テーマ:産業医業務の重点課題をめぐって~特に精神科医へ期待すること~ 

1.法務の立場から      講師: 近畿大学教授   三柴 丈典 先生(大阪) 

 2.常勤精神科医/産業医の立場から 講師: トヨタ株式会社  奥山 真司 先生(東京)

  総合討論

14:50-15:00      休憩

15:00-16:50    第2部 ワークショップ   (各40分講演+30分質疑応答)
座長 渡辺 洋一郎 先生(横山・渡辺クリニック 大阪)小山 文彦 先生(東邦大学 千葉)

テーマ:産業医業務の重点課題をめぐって~最近の実務活動をふりかえる~   

1.内科系産業医の立場から 講師:OHコンサルティングむさしの代表 菅 裕彦 先生(東京)

2.精神科産業医の立場から 講師:ひつじクリニック院長 田中 和秀 先生(京都)

コメンテーター 三柴 丈典 先生・奥山 真司 先生 

16:50                   事務局からの連絡事項

16:55                閉会挨拶   理事 三木 和平 先生(三木メンタルクリニック 神奈川)

17:00~19:00        懇親会 (四ツ谷駅前の主婦会館)

◆申込方法:当協会事務局宛てoffice@jaohp.or.jpメールにて平成31年1月11日(金)までにお申込みください。(担当:金野)

■参加費: 3,000 円 懇親会費: 3,000円 (いずれも当日受付にて支払い)

■申込方法: メイルで事務局まで office@jaohp.or.jp (締切:1月 11日(金))

公認心理師・歯科医師・看護師・精神保健福祉士向けストレスチェック実施者養成研修 2019年1月13日(日)・2019年2月24日(日)

2019113日(日)・2019224日(日)
主催:一般社団法人日本精神科産業医協会

■研修目標
「ストレスチェック制度」の実施に際しては「実施者」の選定が必要とされていますが、本研修を受講することにより公認心理師、歯科医師、看護師及び精神保健福祉士も実施者になる資格を得ることができます。

■対象者
・ストレスチェック実施者を目指す、公認心理師、歯科医師、看護師、精神保健福祉士
*3年以上労働者の健康管理等の業務に従事した経験を有する看護師、精神保健福祉士に限り、研修を受けなくても実施者となることができます。(公認心理師、歯科医師は除く)

■講師
渡辺 洋一郎 (精神科医:日本精神科産業医協会 共同代表理事 厚労省ストレスチェックマニュアル作成委員会委員)

小山 文彦  (精神科医:日本精神科産業医協会 理事 東邦大学 産業精神保健職場復帰センター 教授)

田中 克俊  (精神科医:日本精神科産業医協会 理事 北里大学大学院医療系研究科産業精神保健学 教授)

高野 知樹  (精神科医:日本精神科産業医協会 理事 神田東クリニック院長)

伊藤 雅代  (保健師:キャノン株式会社)

■プログラム
※本研修は、厚生労働省通達(平成27年5月1日基発0501第4号)に定められた必要な事項を網羅した内容(標準カリキュラム参照)となっております。
Ⅰ.労働者の健康管理(*衛生管理免許を受けた方は、この科目は免除となります)
・労働衛生関係法令
・職場の労働衛生管理体制
・産業医等産業保健スタッフの役割と職務
・労働者の健康管理の基本的考え方
・労働者の健康情報とその評価
・労働者の健康情報の保護
Ⅱ.事業場におけるメンタルヘルス対策
・事業場におけるメンタルヘルス対策の基本的考え方
・労働者のメンタルヘルス不調の予防と対応、職場復帰支援
・職場のストレス要因と職場環境の改善
Ⅲ.事業場における労働者の健康の保持増進を図るための労働者個人及び労働者の集団に対する支援の方法
・職場における健康教育の知識と技法
・労働者との面接の知識と技法
・職場における集団への支援の知識と技法
Ⅳ.研修効果確認
※研修終了後、「受講証明書」をお渡しします。

■開催日時と場所
日時:第1回目 平成31年1月13日(日)10時~16時40分(開場9時30分)
第2回目 平成31年2月24日(日)10時~16時40分(開場9時30分)
会場:持田製薬ルークホール(定員130名)東京都新宿区四谷1-7(JR四谷駅すぐ)

■受講料:10,000円(テキスト代、消費税含む)
*科目免除者:8,000円(衛生管理者の資格のある方:Ⅰ講の受講免除)
支払い方法:事前振込み(お申込み後、振込み先をお知らせいたします)
■申込方法:当協会事務局宛てEmail  office@jaohp.or.jpにてお申し込みください。
①お名前 ②よみがな ③生年月日 ④所属(勤務先) ⑤職種 ⑥連絡先電話番号 ⑦希望日
以上7項目を明記の上、件名・本文に「(研修ご希望日)○月○日実施者養成研修受講希望」と記載したEmailをoffice@jaohp.or.jp にお送りください。(担当:金野)

*振込み確認後、受付完了とさせていただきます。

■申込期限  
第1回目締切日 平成31年1月4日(金)
第2回目締切日 平成31年2月14日(木)
*定員になり次第締め切らせていただきます。